花粉症の正しい知識を身につけよう

毎年一年中を通して花粉症で悩んでいる人は多いと思います。
花粉症のメカニズムは、体内に花粉が侵入してきた時に鼻水やくしゃみとして異物を外に出そうとする体の防衛反応です。

人によって症状は様々で、今まで花粉をどれだけ取り入れてきたかなどによって違います。
人によっては過剰反応により目が開けられないほどかゆみを感じたり、くしゃみが止まらなくなる人もいるほど深刻な病気です。

花粉症はどの花粉に対してアレルギー反応を起こしているかによって症状が出る時期も違います。
なので、10月頃でも花粉症の症状で苦しんでいる人はいるのです。

毎年この時期になると鼻水が出たり、目がかゆくなったりするなど、心当たりがある人はもしかしたら花粉症なのかもしれません。

このサイトでは、そんな花粉症の人に手軽に症状を緩和してくれるサプリを紹介しています。

正しい薬を使った改善方法や予防対策で花粉症の症状をやわらげ、快適に過ごしましょう。

花粉症の基礎知識

症状の種類と予防法

自分でできる花粉対策

寒~い冬から解放されて、やっとあたたかい春が来た!と思ったら、なんだか鼻がムズムズ…目がかゆい…。そう、つらい花粉症の季節がやってきます。
気象庁によると、日本では2月中旬ごろから花粉が飛び始めます。
現在、日本では総人口の約20%もの人が花粉症にかかっていると言われていて、「日本人の国民病」とまで言われるほど花粉症の患者数は年々増加しています。一度かかってしまったら、完治することはないと言われている花粉症ですが、止まらないくしゃみや鼻水、頭がボーっとするなど日常生活にも大きな支障をきたしますので、日常生活でできる花粉対策を、外出時と屋内別にご紹介します。

外出時の花粉対策

花粉情報のチェック

外出する際は事前に花粉情報を確認するすることが大切です。
日本気象協会によると特に注意が必要なのは、天気が晴れまたは曇り最高気温が高い湿度が低いやや強い南風が吹き、その後北風に変化したとき前日が雨の日とのことなので、「前日が雨で、南風が吹いて気温の高い日」は要注意です。

お昼頃の外出を控える

時間帯は地域によって差がありますが、午後1時~3時頃が花粉の飛散が多いと言われています。
この時間の外出はなるべく控えて過ごすことが大切です。

サングラスをかける

サングラスや眼鏡は、直接目に入る花粉を防いでくれます。
花粉対策サングラスであれば、隙間なく目の周りを覆ってくれますので、ほぼ90%以上は花粉の侵入を防げるとされています。
ただ、問題なのがマスクと併用した時にレンズが曇って前が見えにくくなるということです。
曇り止めがついている、おしゃれな花粉対策用メガネが市販されているので花粉飛散量が多い日などは着用をおすすめです。

立体マスクの着用

花粉対策におすすめのマスクは、やはり立体型のマスクです。
通常の使い捨てマスクを使っている人を見ると、鼻の部分がフィットしていないとか、隙間が開いていたりと、マスクの効果を発揮できてないことがあります。
立体型にすれば、きちんとフィットしてくれるので花粉の侵入を防げます。
さらに薄くて安い使い捨てのものではなくて、しっかりと3重構造などになっているマスクがより良いです。
女性の場合は、メイクが崩れてしまうと心配されますが、そのような心配がないタイプのマスクも沢山発売されているので、それらを使うと良いと思います。
また、アロマ効果のあるマスクは、鼻づまりを緩和させてくれるのでおすすめです。

玄関に空気清浄機

玄関に空気清浄機で花粉を取り除いてくれるものを設置しておくことも花粉対策に効果的です。
これによって、帰宅して部屋の中に花粉を持ち込むのを防ぐことができます。
もちろんリビングなどに置くのも良いのですが、やはり一番初めに通るのが玄関ですので、玄関に設置するのが良いと思います。

帰宅時にうがいと洗顔

帰宅したら、うがいや洗顔をすることで目の花粉や顔についている花粉、そして吸い込んだ花粉を取り除くことができます。 帰宅してすぐにこれを行うだけでとっても楽になります。

今花粉症でない人も、いつか花粉症になる可能性もありますので、十分に注意しましょう。 花粉症の人は、症状がひどくならないように工夫して生活しましょう。

屋内の花粉対策

花粉は空気の中に浮遊している小さな粒子ですので、肉眼で確認する事は困難です。十分に対策を取っているつもりでも、100%完ぺきに花粉をシャットアウトするのは難しいものです。
大切なのは、付いてしまった花粉をいかにしてすばやく除去するかです。ここでは、室内でできる花粉症対策についてご紹介いたします。

ふとんや選択者は外に干さない

花粉症の季節は、洗濯物は室内干しにするとよいでしょう。どうしても外に干したいという方は、花粉を室内に入れないために、洗濯物を取り込むときにふったり、たたいたりして花粉をよく落としてから室内に取り込むようにしましょう。
布団は取り込んだあとに掃除機をかけて花粉を取り除くとよいでしょう。掃除機によっては布団用ノズルが付いているものもありますので、利用すると布団が吸い込まれることなく花粉が取り除けて便利でしょう。

掃除をこまめにする

室内に入ってきた花粉は、しばらくの間空気中を舞った後に床に落ちます。そのままの状態にしておくと、ふたたび室内に浮遊してしまいますので、それを防ぐためにもこまめな掃除は欠かせません。床たけでなく、ソファ、カーテンなどにも花粉が付いていますので、掃除機で吸い取るようにしましょう。残った花粉は、ぞうきんがけをしてふき取るとよいでしょう。

花粉の侵入経路の対策

室内に花粉が侵入してくる場所い言えばやはり玄関と窓でしょう。
この2ヶ所にしっかり対策を施して、花粉を室内に入れないようシャットアウトする事が大切です。花粉の飛散が多い日や時間帯にはなるべく窓は開けないようにします。また、窓にはカーテンのみでなくレースのカーテンもつけておくとよいでしょう。花粉症対策用のカーテンもありますので利用するとよいでしょう。日ごろからカーテンや網戸に花粉防止スプレーをしておくと、より花粉の侵入を防げるでしょう。

湿度を上げる

室内の湿度に気を付けましょう。乾燥は花粉症の大敵です。室内は、大気中の花粉を抑えられる湿度である40%から50%程度に常に保っておきましょう。お肌や粘膜を乾燥させないためにも適切な湿度です。加湿機能付きの空気清浄器もありますので、利用するとなお効果的でしょう。

以上のような対策を取ることによって、つらい花粉症の季節も症状を最小限にとどめられます。ぜひ実践してみてください。

花粉症を改善するサプリメント

長い冬が終わりに近付いてくると、いよいよ花粉症の季節の到来です。毎年毎年、花粉症は辛いですね。
外出時にはマスクや帽子、人によっては花粉症対策のゴーグルや花粉の付着しづらい服などを用意しなければなりませんし、室内であってもろくに窓の開け閉めも出来ません。天気が良くても布団ど外に干したら花粉だらけになりそう、などと花粉症にはうんざりしている人が多いと思います。花粉症対策として、室内では空気清浄機が活躍してくれていますが、家に閉じこもってばかりはいられません。
身体の内側から花粉に対する対抗力を高めるために、ヨーグルトや甜茶などの花粉症対策になるという食べ物を試した方も多いと思います。ですが今の所、それで完全に花粉所の症状を抑えることが出来る食べ物というものはなく。薬に頼ってしまうことが多くなります。

最近の花粉症の薬は以前よりは副作用が少なく、眠くなったり喉が渇いたりすることも減ってきているようですが、出来ることなら自然な形で花粉症を抑えたいものです。そんな時に、体に優しい効き目のサプリメントを試してみるのもひとつの手です。薬ほど劇的な効果ではなくても、体の内側から強化して諸症状を改善していくのもいいのではないでしょうか。

花粉症改善商品一覧 ▶