花粉症の基礎知識の記事一覧

花粉症とは?

花粉症になるプロセス 花粉症が起こってしまうのは、人の身体にある働きが影響しています。体の内部に侵入するウィルスや異物を排除する働きです。この機能が働く事で、異物を攻撃する抗体が体内に出ます。粘膜下組織、肥満細胞、結合組織などと結合してヒスタミンが外部へ飛び出します。 ヒスタミンの刺激によってアレルギー反応がおこるのです。花粉症の場合では、花粉を異物と判断され体内の免疫機能が過剰反応しているために現れる症状なのです。 花粉症の主な症状とは 花粉が口、鼻などから侵入する事で、アレルギー...続きを読む

花粉が飛散する時期と、花粉の量

花粉症は毎年、2月、3月頃になると、メディアなどで話題になり始め、実際花粉症の症状が出る人が多くいます。 花粉症の原因となる花粉(アレルゲン)は十種類以上あり、その植物によって花粉が飛散する時期も違うことをご存じですか? 花粉カレンダーで飛散時期をチェックしよう 2月、3月に花粉症になる人の多くは、スギ花粉がアレルゲンとなっています。日本では、スギの他に3月、4月に飛散するヒノキ花粉による花粉症患者も多いです。 病院やインターネット上では、花粉が飛散する季節がひとめでわかる花粉カ...続きを読む

花粉症のメカニズム

花粉症とは? 花粉症と言えば、スギやヒノキといった花粉が出始めるころに鼻炎や涙が出るといった症状を引きおこす疾患のことを指します。 この花粉症は、大人になって急に発症することがあるなど今は症状に悩まされていなくとも、今後発症する恐れがある疾患なのです。 花粉症の原因 花粉症の原因はスギやヒノキなどの花粉が体内に入り込んだ際に、これを排除しようとする働きから起こります。本来であれば、鼻やのどを通ってきた花粉は、鼻水やたんとなって体外へと排出されます。 しかし、花粉が一定量を超えて体内...続きを読む

花粉症の種類

春にかけて暖かくなってくると誰もが悩まされる「花粉症」。花粉症を引き起こす花粉の種類は現在わかっているだけでも約50種類の花粉があると言われ、アレルギー性鼻炎という一般的な症状のほかにも花粉の種類よっては他の危険な症状を引き起こすものもあります。また花粉症は春だけではありません。夏・秋にかけても違った種類で花粉症になってしまうことがあります。今回は春の基本的なよく知られている花粉の種類から夏・秋にかけての花粉の種類もご紹介させていただきます。 春の花粉症(2~5月) 花粉症といえば春に起...続きを読む