花粉症のサプリメントと医薬品の違い

花粉症対策について

花粉症は、害のない花粉を異物と判断し防御しようする際に分泌される化学物質が鼻水や鼻詰まり、くしゃみ、目の痒みなどの症状を引き起こしてしまいます。
花粉症の対処法として様々な市販薬やサプリメントがありますが、自分がどの種類の花粉症なのか、自分にとって相性の良い薬やサプリメントはどれなのかを知り効果的に対処したいものですね。

花粉症に効果のある医薬品とは

花粉症の治療として使われる抗ヒスタミン剤は副作用として、眠気が出やすい薬です。飲むと頭がぼーっとして寝て起きてもまだ眠いといった症状に悩まされる方も多いと思います。
花粉症または鼻炎用として売られている医薬部外品には殆ど抗ヒスタミン剤が含まれています。即効性が高いため、症状が重くなった時などには重宝します。
他にも、ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)は、ヒスタミンによって引き起こされた鼻の粘膜の炎症、目の結膜の炎症を鎮めてくれます。免疫系など組織の反応を低下させる作用を示し、アレルギー反応も抑える働きもしますが、非常に強力な効果がでるため、医師の相談の下に使用をする必要があります。
また、病院で処方される薬の代表的なものとして、アレジオン、アレグラ、アレロック、ジルテックといった抗アレルギー薬、ステロイド剤のセレスタミンそして、点眼薬としてインターるやリボスチンなどがあり、市販薬より比較的副作用の症状が軽減された薬の処方が用いられています。

花粉症に効果のあるサプリメントとは

サプリメントは医薬品のように眠くなるとった副作用もなく安心して飲むことができます。自然由来の成分で作られたサプリメントが多いのも特徴です。
例えば、アスタキサンチンには、抗ヒスタミン剤のような眠気などの副作用もなく、ヒスタミンの分泌量を抑制する効果があると言われています。
そして、インドの乾燥した高地に自生する落葉高木でインド乳香と呼ばれているボスウェリアセラーの樹脂には、抗炎症作用を示すことが判っており、炎症に対するサプリメント素材として注目されています。
他にも甜茶、乳酸菌、キノコ、ミント、シソといった免疫力を調整する効果のある成分で構成されたサプリメントがありますが、免疫力バランス改善系のサプリメントは、効果が出るまでに時間がかかるため、花粉症の季節より少し早目の時期から摂取することが大切です。

いずれにしても、自分が花粉症アレルギーを持っているのか病院で調べて貰った上で、自分に合った薬またはサプリメントでしっかりと治療をして快適な毎日を送りたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket