花粉症対策はいつから始めればいいの?

一般的な花粉症の症状、知られていない症状について

花粉が舞う季節になると花粉の症状がみられます。よく知られている一般的な症状では、鼻水、目の痛みや涙やかゆみなどがあります。また、意外と知られていなく、多いのが微熱など発熱、頭痛、けん怠感、肩こりなども起こる事があります。
頭痛や肩こりやけん怠感などの症状は、二次的な症状でもあります。花粉が多いために花の粘膜が腫れ、空気を取り込みにくくなってしまいます。そのため、神経を圧迫して頭痛が起こります。そして、呼吸が苦しいために頭痛が悪化する場合もあります。そして、鼻水だけでなく、頭痛などの不快感が継続する事で、首、肩の筋肉に無意識に力が入り、凝ってしまう場合もあるのです。肩こりによって頭痛が起こる事があるように神経がつながっている事が影響しています。

セルフケアによる対処方法は?

このような症状が起こらないためにも対処が必要です。できれば、花粉症が舞う季節よりも前に始める事が大切です。自宅で緩和させる方法では、基礎代謝を高める事が重要です。日々の生活が影響しているわけですが、睡眠時間を確保してしっかりと身体を休める事が重要です。また、日々の食事も意識しましょう。免疫力が低下すると花粉症の症状も悪化するため、高カロリー、高たんぱく、油っぽい食事は避けたほうが良いです。また、糖分、お酒、コーヒーなども控える事をおすすめします。肩、頭痛の症状緩和するためには、血液循環を良くする事が大切です。自律神経が乱れている場合に起こるものなので、肩を温めてあげる事で緩和する事ができます。
「花粉症のセルフケアに限界を感じたらサプリメント」
手っ取り早く花粉症の症状を緩和させるなら、サプリメントの活用がおすすめです。市販薬の場合眠気、副作用が心配ですが、サプリメントならそのような問題も解決できます。
乳酸菌によって花粉症の効果が大きいとされていて、L-92乳酸菌によってアレルギー反応を促し、活性化させる原因物質を抑制できます。
花粉が舞う季節が来る前に食事にサプリメントをプラスして、症状を緩和させる準備をすると良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket