花粉症治療は保険がきくの?

花粉症に悩む日本人は、全人口の25%と言われています。
年々、地球の温暖化、産業汚染によって花粉症患者は増加し続けています。
花粉症治療は保険治療で可能なんでしょうか?

花粉症は病気です!

花粉症は、医療用語では、季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれるれっきとした病気です。当然、病院での治療も可能です。
花粉症といっても、人によって症状は様々で、鼻水がでる、というのは有名ですが、なかには喉の奥が痒くなったり、涙が止まらなくなったり、皮膚トラブルを起こしたり、重症になると、発熱する人もいます。
適応病院は、症状によって異なるので、鼻や喉の症状で辛い方は耳鼻咽喉科、目の症状なら眼科、皮膚トラブルなら皮膚科、と各専門家で診断・処置を受けることが適切です。
また複数の症状が出ていて、どの病院に行けばいいかわからない、花粉症に関係している症状科どうかわからない、といったような場合は、まずはかかりつけの内科で受診しましょう。
かかりつけ医がない場合は、近くの総合病院などがいいと思います。

病院での保険治療

病院での受診ですので、当然診察時には、健康保険を使って診察・処置を受けることができます。
診察後、医師が適切な処置、薬の処方をしてくれますが、通常、すべて保険治療の範囲で治療を受けることができます。
ただし、症状や重症度に応じて、吸引噴霧器、鼻洗浄器など医療器具を購入する場合は、保険外治療となり、その医療用品については実費負担となる場合もあります。
花粉症で病院の診察を受ける場合、医師の判断によって、血液検査をして、アレルギーの原因となっている植物の特定、すなわちアレルゲンを調べる検査を受けることがありますが、この血液検査も保険治療の範囲内で受けることができます。大きな病院だと即日検査結果が出て、医師の処置や説明を受けることができますが、小さな病院だと、血液検査の結果に1週間程度、期間を要する場合がありますが、検査結果を聞くための受診も保険範囲内で可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket