花粉症とは?

花粉症になるプロセス

花粉症が起こってしまうのは、人の身体にある働きが影響しています。体の内部に侵入するウィルスや異物を排除する働きです。この機能が働く事で、異物を攻撃する抗体が体内に出ます。粘膜下組織、肥満細胞、結合組織などと結合してヒスタミンが外部へ飛び出します。
ヒスタミンの刺激によってアレルギー反応がおこるのです。花粉症の場合では、花粉を異物と判断され体内の免疫機能が過剰反応しているために現れる症状なのです。

花粉症の主な症状とは

花粉が口、鼻などから侵入する事で、アレルギー反応が起こります。特に鼻から侵入する事で、鼻水、鼻づまりなどが続き鼻炎の症状がみられます。そして、花粉が直接触れると目のかゆみ、肌荒れ、かぶれなどの症状もあります。
これらの症状は初期症状のため、風邪と似ているため花粉症だと気づかない方もいます。しかし、花粉が舞う季節には常時同じ症状が続くため、症状は治まりません。そのため長期間経過して気づいた時には重症となっている場合もあります。

花粉症の症状が重症化すると

花粉症の症状が重症化すると合併症を招いてしまいます。副鼻腔炎などが一般的に多いかもしれませんが、頭痛や発熱などの症状がみられます。そして、膿の溜まった鼻水が流れたり、臭いが気になったり、口の中でも膿が流れるなど不快な状態が起こります。

花粉が舞う季節には、対策を

花粉症の症状を軽減するためには、花粉に接触しない事が重要です。しかし、外出しない生活は非現実的で無理ですね。そこで、外出する際には髪の毛や顔に直接触れないように帽子、マスクの着用がおすすめです。また、最近は花粉症対策のためのメガネなどもあるので良いかもしれません。衣類の素材も花粉が絡みにくい素材の物が良いです。衣類の乾燥も室内にするなど、花粉をいかに避ける事が出来るかが重要です。また、帰宅後にすすぎ洗い程度で良いので、目や顔を洗い流すと花粉を取り除くことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket