花粉症のメカニズム

花粉症とは?

花粉症と言えば、スギやヒノキといった花粉が出始めるころに鼻炎や涙が出るといった症状を引きおこす疾患のことを指します。
この花粉症は、大人になって急に発症することがあるなど今は症状に悩まされていなくとも、今後発症する恐れがある疾患なのです。

花粉症の原因

花粉症の原因はスギやヒノキなどの花粉が体内に入り込んだ際に、これを排除しようとする働きから起こります。本来であれば、鼻やのどを通ってきた花粉は、鼻水やたんとなって体外へと排出されます。
しかし、花粉が一定量を超えて体内に入ってしまうと、身体が過剰な防衛反応を起こしてしまうのです。この防衛反応によって引き起こされるのが鼻炎や涙が出ること、くしゃみと言った花粉症の症状なのです。

花粉症のメカニズム

花粉が大量に体内に入ったからと言ってなぜ過剰な防衛反応が起こるか説明します。花粉の排出が鼻水やたんで追いつかなくなると、身体は花粉のことを細菌のような敵だと認識するのです。
細菌などを追い出すためには、身体の中で抗体を作って細菌を殺すように働きます。同時に細菌が死滅しやすい環境、つまり体温が上がったり鼻水などの体液を分泌するようになります。
とはいえ、相手は花粉なので死滅しませんし、外から大量に入ってきます。そうなると敵と認識している身体は抗体を作り続け、体液を分泌し続けてしまうのです。
この過剰な防衛反応は一般的に言えばアレルギーと呼ばれており、花粉症は簡単に言えばアレルギー反応によるものなのです。

身体の防衛反応

そして花粉症が厄介なのが原因がアレルギー反応によるものだということ。つまり、身体の元からある防衛反応が原因なので、原因を排除するということはできないのです。身体の防衛反応が機能しなくなれば、どんな病気にもかかってしまうようになるので当然です。
スギやヒノキの花粉といった特定の反応を抑えるように働きかけるのは難しく、画期的な花粉症の治療薬の開発が進まないのです。対症療法や過剰反応を抑えるような体質改善が主な治療法となっているのはそのためなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket