花粉症の鼻の症状

花粉症は毎年悩む人が多い症状です。花粉症はどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。ここではなぜ花粉症が起こるのかという説明と、花粉症の症状についての説明をしていきます。

花粉症のメカニズム

花粉は我々人間にとって「異物」です。鼻から花粉が入ってきた場合、我々の体はまずその花粉が異物かどうかを判断します。そして異物と判断したらそれを体外に放出させる働きをしようとします。これが「アレルゲン」です。放出させるためには花粉の物質と「IgE抗体」という抗体を結びつけます。この時点ではまだ花粉症の症状は出ません。次回、花粉が体内に侵入しようとしたさい、この抗体が異物排除の働きを見せ、この抗体が働き、体から排除しようとするのです。

発症する原因はさまざまですが、花粉をより多く吸い込むと抗体ができ、花粉症になりやすくなるのは間違いありません。たとえば花が多い場所にいる人といない人では花粉症になる確率は格段に違います。花粉を吸い込むことでできる抗体が花粉症の症状を発症させているため、花粉が多い場所にいる人が花粉症になりやすいのは当然のことなのです。

よく、突然花粉症になったと思う人がいますが、長年かけて花粉を吸い込んできた結果、体内で異物排除の働きが進み、それがある時期を境としてあふれだすように花粉症の症状が発症するのです。いわゆる「アレルギーコップ」という表現です。

花粉症の症状と対処法

花粉症になると代表的な症状として、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、目のかゆみや痛みなどを発症します。ぜんそくも出たりしますし、気管支炎のような症状を発症する場合もあります。これらの症状を和らげるには抗ヒスタミン剤が有効です。薬局でも抗ヒスタミン剤は販売されていますし、耳鼻科に行けばより正確な症状に対する薬が処方されます。

どの花粉で花粉症になるのか

花粉症は「どの花粉でそうなっているのか」を判断することが大切です。地域の耳鼻科に行くと、その地域では毎年、どの植物の花粉でどの時期に花粉症が発症しているのかを説明してくれるので、自分の花粉症が出た時期を覚えておきましょう。上記でも書いたように、その時期に病院へ行き、薬をもらうことで対処することが可能です。

花粉症は放っておいて治るものではありません。いったん発症すると体内が異物と判断するため、自然に治ることも難しいのです。個人差もありますし、なにより辛いのは自分自身です。ですから毎年、早め早めの対処をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket