花粉症の目の治療法

花粉症は国民的なアレルギー症状となっており、特にスギやヒノキ花粉によるアレルギー人口が爆発的に増加しております。
さらにその症状としましては、くしゃみや鼻水のみならず目の不快な症状が問題となってきております。
この目の不快な症状はほとんどがアレルギー性の結膜炎と呼ばれているものであり、その症状の特徴としましては目のかゆみと充血が挙げられております。
もちろん目のかゆさを和らげようとして目を擦ることは厳禁であり、正しい治療および対策をしなければなりません。
そもそもアレルギー反応がなぜ引き起こされてしまうのかを理解する必要があるのですが、この要因としましては、原因物質であるアレルゲンが目に侵入することであります。
もちろんアレルゲンは個人差がありますので全員が同じ症状になるわけでは無いのですが、スギ花粉がアレルゲンとなっている人は飛散時期になりますと対応策が必要となります。
つまり飛散時期に対応策を怠りますと、原因物質が大量に侵入してきて免疫細胞である肥満細胞から生理活性物質であるヒスタミンが放たれます。
このヒスタミンが充血やかゆみなどを引き起こす作用を有しており、それゆえアレルギー症状に陥ってしまうのがメカニズムとなっているのであります。
そこでこのメカニズムを良く理解した上でアレルギー対策をしたいのですが、方法としましては原因物質であるアレルゲンを身体に侵入させないようにするのが最善策であると考えられます。
具体的にはメガネやマスクの着用が効果的とされており、外出から帰宅した際には家の中に花粉を侵入させないように、しっかりと花粉を払い落とすようにしてから家の中に入るよう心がけましょう。
さらに外に干していた布団や洗濯物などは十分に花粉を払い落としてから取り込むようにしなければいけません。
しかしながら万一注意を払っていても症状が出てきてしまった場合には、一般的に抗ヒスタミン成分が配合された点眼薬の使用が推奨されております。
ただし症状が重症と診断される場合におきましては、クリニックでの診断が必要となるのですがステロイド配合の目薬を点眼しなければならないこともあります。
それから先ほどのアレルギーが発生するメカニズムの途中段階を阻害するのが抗ヒスタミン薬の働きとなりますので、原因となる花粉が飛散し始める前より抗ヒスタミン薬が配合された目薬を点眼し始める方法が効果的であると考えられております。
そして飛散期間中は毎日怠らずに点眼を続けるのが良い方法であるとして推奨されております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket