花粉症の目の症状

花粉症で目がかゆくなるメカニズム

花粉症による目のかゆみや涙が出る症状というのは、体が花粉を追い出そうとする働きによって起こります。
そのメカニズムは、スギ、ヒノキ、カバノキ、イネ科の植物、ブタクサと言った雑草の花粉などの特定の物質が体内に入り込み、体がそれらを『異物』と体がみなしてそれらをやっつけようと抗体(IgE抗体)を作るのですが、このIgE抗体は人が空気中の花粉に接触するたびに作られて体内に蓄積されます。
IgE抗体が蓄積できる容量には限界があり、一定の量にまで達してしまうと次に花粉に触れたときにヒスタミンなどの化学伝達物質が分泌されて、これらの物質目のかゆみやくしゃみ、鼻づまりなどのアレルギー反応を引き起こしてしまうのです。
ヒスタミンなどのアレルギー物質は分泌される量や場所によって症状が変わってくるのですが、特にヒスタミンは目の粘膜にある知覚神経を刺激するので目のかゆみや充血といった症状を引き起こすといわれています。

花粉が目に入ることでおこるかゆみや充血の症状

花粉症というのは1年前までは何の症状も無かったのに、今まで蓄積されたIgE抗体が一定レベルに達することによってある日突然発症するのでなかなか気付かない場合もあるので注意が必要です。
特にコンタクトを使用されている方は季節を問わず目がかゆくなったり、目の中に異物感があるという症状が起こりがちなので、最初は気付きにくいかもしれませんが、花粉症で目に起こる症状は我慢できないくらい目の中がかゆくなったり、真っ赤に充血したり、まぶたが腫れるなどの特徴があります。
花粉が目に付着することによって体が花粉を追い出そうとする免疫反応なのですが、かいてもかいてもかゆいので「目玉を取り出して洗いたい」という表現をよく耳にするほどです。
だけ我慢できないからと言ってゴシゴシこすってしまうと余計に充血を悪化させてしまったり、角膜や結膜を傷をつけてしまう恐れがあるので避けなければなりません。
そのため、清潔な冷やしたタオルや保冷材をタオルに包んだものをまぶたに置いてかゆみの症状を緩和
させる処置をとらなければなりません。
また、外出時にはできるだけ花粉から身をガードするように心がけ、目にはめがねやゴーグル、口と鼻はマスクを着けて、衣服は花粉が入り込まないようなスベスベとしたナイロン系などの洋服を着用して家の中に花粉を持ち込まないように気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket