花粉治療薬の種類と療法について

花粉症の治療薬には、内服薬、点鼻薬、点眼剤、塗り薬など、さまざまなタイプがあります。
入手方法も病院で処方してもらうものの他に薬局やドラッグストアなど市販で購入できるものがあります。
症状に応じて、適切な薬を選びましょう。

タイプ別花粉症治療薬の種類

内服薬 いわゆる飲み薬。経口薬ともいいます。内服薬には、錠剤、カプセル剤、顆粒、ドライシロップタイプのものなどがあります。
内服薬は、花粉症の主症状全般に対する薬が多いです。花粉症全般に効く薬とは、抗ヒスタミン剤、抗ロイコトリエン剤、ステロイド剤、メディエーター遊離抑制剤など。花粉症だけでなく、広くアレルギー性の疾患にアプローチする薬が多いですが、症状に応じて、鼻水を抑える薬、痰を切る薬などが適用される場合もあります。

点鼻薬 鼻に直接噴霧するタイプの薬で、鼻水、鼻づまりなど鼻の症状があるときに使用します。血管を収縮させ、鼻のとおりを良くする作用があります。鼻に直接作用するので、副作用は少ないです。

点眼薬 目薬。目に直接点眼する薬で、目の充血、涙目、目の痒みなど目の症状があるときに使用します。成分は抗ヒスタミン薬、メディエーター遊離抑制薬、ステロイド薬などがあります。目に直接作用するので、副作用は少ないです。

塗り薬、軟膏 皮膚の痒み、炎症など皮膚の症状に直接塗布します。痒みや炎症の出る部位に応じた薬で、症状を抑えます。また直接鼻腔内部に塗る予防目的の軟膏もあります。

花粉症の一般的な治療法

薬物療法 抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、抗ロイコトリエン剤、ステロイド剤など、直接アレルギーを抑える薬を投与して、症状を抑える治療法です。投与の方法は、内服(経口)薬の他、注射による投与、鼻・目など局所には、点鼻薬・点眼剤などがあります。
注射には、花粉症によるアレルギー症状を抑えるためのものと、花粉シーズン前から予防目的で投与するものがあります。

減感作療法 花粉のシーズン前から前もって、アレルゲンを特定し、極薄い濃度のアレルギーの原因物質を、定期的に注射投与していくことで、花粉症などアレルギー症状に対する抵抗力をつけさせる療法。
喘息など、花粉症以外のアレルギー症状、重症な方、種々のアレルゲンを持つ方、徹底的な治療を望む方に適しています。

手術 症状が重度の場合、鼻の粘膜にレーザー照射したり、鼻腔の粘膜の一部を除去するなどの手術による治療があります。

花粉症の症状や度合い、アレルゲンは人によって異なります。
どの薬や治療法を選べば良いかわからない場合は、医師や薬剤師に相談して、適切な薬と治療法をみつけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket