知っておこう!花粉症の治療薬の副作用

花粉症が気になるシーズンが近づいて参りました。花粉症に悩まされている方は多いと思いますが、どんな薬を飲めば良いのか、副作用はないのか、といった疑問を持っている方も多いと思います。
そこで花粉症についての治療薬とその副作用などについてまとめてみました。

治療薬の種類

花粉症の治療薬として代表的なものが坑ヒスタミン薬とステロイド剤です。
坑ヒスタミン薬は様々なアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの働きを抑える薬です。これにより花粉症の一般的な症状である鼻水・くしゃみ・目の痒みなどを緩和します。使用方法として内服するタイプのものや点眼・点鼻するタイプのものがあります。
ステロイド剤もまた花粉症の治療に有効です。ステロイド剤の投与は、内服薬、点眼薬、点鼻薬、注射などで行われ、鼻水・鼻づまりなど鼻の症状に効果があります。

治療薬の副作用

坑ヒスタミン薬の副作用として眠気・めまい・倦怠感・下痢・便秘などが見られる場合があります。服用する場合は医師や薬剤師の指示に良く従う必要があります。
ステロイド剤にも副作用があります。しかもステロイド剤の場合、強力な効果があるのですが、その反面強い副作用もあります。本来体が持つホルモンを人工的に与えることになるので、 体の様々な機能のバランスに影響を与え、感染症・胃潰瘍・抑鬱・その他様々な副作用が生じ、 長期間の大量投与後に急に中断したりするとリバウンドの危険もあります。花粉症で使用する程度の量であれば心配しすぎることはないですが、長期に渡る使用はお勧めしません。

正しい治療薬を選ぶ

このように花粉症の治療薬について、症状が改善するというメリットがありますが、副作用についてのデメリットもあります。花粉症は、人それぞれ原因となる花粉や症状、重症度が違います。また、症状により日常生活のどのようなことに影響するかも人それぞれです。したがって病院で医師の診断を受けて適切なアドバイス受け、適切な治療薬を使用することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket